USBizDirect
サイトマップ

トップ 会社概要 サービスのご紹介 コラボレーション コラム ブログ お問合せ


 フィールド調査
 フィールド調達
 フィールド視察
 フィールドオフィス
 フィールドインタビュー
 その他のサービス



BLOG U.S.Bizダイレクトスタッフブログ 行け行けLAビジネスウォッチャーズ
アメリカビジネスの最前線ブログ。最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!


japanizmo Staff Blog Japanese Trends, Culture, etc
「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」の英語版!アメリカ人スタッフが書く、日本の文化や風習、トレンドで気になる事を綴っています。アメリカ人の目から見たJAPANが見えてきます!



COLUMN U.S.Bizダイレクト ビジネス・コラム
3分半でわかる アメリカン・ビジネス
たったの3分半で、アメリカの今話題の業界や市場がわかってしまうビジネス・コラムです。

モノが語るアメリカのライフスタイル
アメリカっぽいモノの視点からアメリカのライフスタイルを覗いてみよう!

体当たりdeアメリカ
アメリカで体を張って、いろいろなことにチャレンジした体験記です!



石塚しのぶ書籍連動サイトザッポスの奇跡

石塚しのぶ書籍連動サイト売れる仕組みに革命が起きる











  トップ > コラム > 3分半でわかる!アメリカン・ビジネス
3分半でわかる!アメリカン・ビジネス

#7: アメリカ医療最前線「増大するインストア・クリニック」 (2007.02.12)

インストアクリニック 最近、Wal-Mart(ウォルマート)やTarget(ターゲット)などのジェネラル・マーチャンダイザーや、Walgreens(ウォルグリーン)やCVSなどのドラッグストアなどでインストア・クリニック(ウォークイン・クリニック)と呼ばれる店舗内の簡易医療クリニックの導入が相次いでいます。

インストア・クリニックとはリテール店舗内で簡易医療を提供してくれるところで、病院と比較しても価格も安く、アポなしで立ち寄れ、また待ち時間も短いというところが特徴です。ただ医師は常駐しておらず、医師と看護師の中間にあたる職種で、限られた範囲内でベーシックな診察をしたり、処方箋を出したりする資格を有しているナース・プラクティショナーと呼ばれる人が診察に当たります。

2006年1月の時点で全米に60店舗しかなかったインストア・クリニックは2006年の12月には250店舗を超えるまでに店舗数が増大しました。アメリカのインストア・クリニックの様子をもっと知りたい!アメリカのインストア・クリニックの利用者の声を聞きたい!そんな貴社の要望にお応えするのが、現地アメリカのスタッフがお届けする「フィールド調査」!生の声を盛り込んだ臨場感溢れる調査報告書をお届けします!詳細はコチラ2008年には数千店舗にまで達する見込みで、ウォルマート、ターゲット、ウォルグリーン、Longs Drugs(ロングス・ドラッグス)、CVS、Rite Aid(ライド・エイド)、Kroger(クローガー)などの大手リテーラーで次々と導入されています。ただし、クリニックの運営はリテーラーが自社で行っているわけではなく、インストア・クリニック運営を専門とするサード・パーティ・プロバイダーによって行われています。このようなインストア・クリニックのプロバイダーもMinuteClinic(ミニットクリニック)をはじめ既に10社以上の企業がサービスの提供を開始しています。

インストア・クリニック誕生にはアメリカの医療保険事情が大きく関わっています。アメリカの医療保険無加入者は国民全体の15%を占めます。このなかには低所得者で保険に入る余裕のない人々と、お金はあるが、医療保険を払いたくない人々とに分かれます。インストア・クリニックのターゲット層はどちらかというと無保険のミドルクラス層になります。この層は1,500万人とも言われており、相当な市場価値があると言えるでしょう。また、保険には入っているが忙しくて病院に行く時間がないという人もターゲットとなります。病院や一般診療所は待ち時間が長いなど、普段仕事を持っている人たちにとって行きづらいところです。予約なしで簡単に診察が受けられるインストア・クリニックはこういった人たちのニーズを満たしてくれるものと考えられています。

リテーラーにとって、インストア・クリニックのサービスから得られる収益は、場所代のリース料以外、直接的なものは特にないといわれていますが、メリットとして待ち時間での買い物や処方箋の購入など“ついで買い”による収入が期待できるということが言われています。しかし、リテーラーにとってインストア・サービスの展開の意義は、真の意味での“ワンストップ・ショップ”になるということがあるのではないでしょうか。ウォルマートやターゲットなどのバリュー・リテーラーに行くと、眼鏡屋、調剤薬局、銀行、写真現像などありとあらゆるサービスが提供されています。こういったバリュー・リテーラーに対抗するため、スーパーやドラッグ・ストアなどの従来型リテーラーは、取扱商品カテゴリーの拡張ばかりではなく、サービスの拡張による他社との差別化、そして顧客の囲い込みを図ろうとしています。インストア・クリニックの導入もこの一環といえるでしょう。

アメリカの医療市場において、プライマリー・ケアは消費者にとって不便なことが多く、不満の声が多いセクターでもありました。インストア・クリニックとは、このことに着眼し、便利で低価格なプライマリー・ケア・サービスを提供しようという試みであり、顧客主導型市場に対応したニュー・ビジネス・モデルであるといえます。ここでおもしろいのは、インストア・クリニック大手のミニットクリニックとTake Care(テイク・ケア)のCEOは、医療業界ではなく、それぞれ、ファースト・フード業界とトラベル業界という、まったく異なる業界の出身であるということです。医療の現場が顧客満足に焦点をあて、患者に選ばれる施設のあり方を模索する中、異種業界のアイディアの配合による新しいビジネス・モデルが次々と生まれています。そこにアメリカン・ビジネスならではの面白さがあるといってもよいかもしれません。


関連ブログはこちらです。
『ショッキングな誤解-米国病院編-』

『風邪をひいたらウォルマートへ!』

『病は気から!出張予防注射サービス』



© 2007 UsBizDirect,Inc All Rights Reserved.
ここに収録したすべてのコンテンツの著作権は原則としてUsBizDirect,Incに帰属しています。当ウェブサイトに掲載されている記事の転載、転用、引用、部分転載をご希望の方は、事前にコチラまでご連絡下さい。




  #26:「びっくり」を提供するスーパー:わが愛しのトレーダー・ジョー
  #25: 新しいギフトのスタイル、「キャンディー・ブーケ」
  #24: ワイン・コルクのリサイクルプログラム
  #23: ガソリンスタンドが展開する「インストア・マーケティング」
  #22: 常夏のカリフォルニアで日焼けサロンビジネスを展開
  #21: 「ライフ・エンハンスメント(人生の充実)」を提供する−ヘルス・リゾート・ビジネス
  #20: パーティ関連ビジネスがさかんなアメリカ!
  #19: 急成長を遂げるアメリカのプロダクト・プレースメント市場
  #18: 巨大市場!アメリカのスポーツ・ライセンシング業界
  #17: アメリカの子供教育ビジネス
  #16: 靴のオンライン販売市場
  #15: 変わりゆくアメリカのショッピング・モール
  #14: 次々と業界参入が相次ぐペット関連市場
  #13: 目指せ!健康ライフスタイル、オーガニックリテール市場の今
  #12: 活発化するアメリカのインク・リフィル市場
  #11: 出会いはオンライン!米国マッチング・サービス市場
  #10: 盛り上がりをみせる“マラソンビジネス”
  #9: 群雄割拠!アメリカのITサービス市場
  #8: 激化するアメリカのコピー/プリンティング市場
  #7: アメリカ医療最前線「増大するインストア・クリニック」
  #6: 米国インストア・マーケティング戦略
  #5: アメリカ型フランチャイズ・ビジネス
  #4: 独創性溢れるアメリカのプロモーション業界
  #3: 新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界
  #2: 急拡大するアメリカのギフト・カード市場
  #1: アメリカのクリスマス商戦 2006

  番外編: 今すぐ使える!アメリカのビジネスキーワード

トップ : 会社案内 : サービスのご紹介 : コラボレーション : コラム : スタッフブログ : お問合せ
© 2008 UsBizDirect, Inc All Rights Reserved.