USBizDirect
サイトマップ

トップ 会社概要 サービスのご紹介 コラボレーション コラム ブログ お問合せ


 フィールド調査
 フィールド調達
 フィールド視察
 フィールドオフィス
 フィールドインタビュー
 その他のサービス



BLOG U.S.Bizダイレクトスタッフブログ 行け行けLAビジネスウォッチャーズ
アメリカビジネスの最前線ブログ。最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!


japanizmo Staff Blog Japanese Trends, Culture, etc
「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」の英語版!アメリカ人スタッフが書く、日本の文化や風習、トレンドで気になる事を綴っています。アメリカ人の目から見たJAPANが見えてきます!



COLUMN U.S.Bizダイレクト ビジネス・コラム
3分半でわかる アメリカン・ビジネス
たったの3分半で、アメリカの今話題の業界や市場がわかってしまうビジネス・コラムです。

モノが語るアメリカのライフスタイル
アメリカっぽいモノの視点からアメリカのライフスタイルを覗いてみよう!

体当たりdeアメリカ
アメリカで体を張って、いろいろなことにチャレンジした体験記です!



石塚しのぶ書籍連動サイトザッポスの奇跡

石塚しのぶ書籍連動サイト売れる仕組みに革命が起きる











  トップ > コラム > 3分半でわかる!アメリカン・ビジネス
3分半でわかる!アメリカン・ビジネス

#3: 新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界
(2007.01.17)

アメリカのオフィス・サプライ業界の変遷を見てみると、アメリカにおける流通構造の変革が良くわかります。アメリカのオフィス・サプライ業界は過去20年間で他業界に先駆け急速に進化しており、アメリカの流通革新や産業の変遷を学ぶには非常に勉強になる業界です。

アメリカのオフィス・サプライ業界は日本に比べて5年〜10年くらい進んでいるといわれ、その市場規模は1,200億から2,400億ドル(12兆円から24兆円)と推定されています。12兆円というのは従来型の文具のみを考慮した市場規模で、オフィス家具やIT関連商品を入れると24兆円規模となります。アメリカの大手オフィス・サプライ・チェーン店の視察に行きませんか?視察先、視察ルート、視察のポイントまで、貴社の視察に役立つパッケージをご用意しております。「フィールド視察」に関する詳しいお問合せはコチラから。オフィス・サプライ業界の構造は下図のようになっていますが、この大きな市場をめぐり過去20年間に熾烈な争いが繰り広げられてきました。

アメリカでは、1980年代後半にStaples(ステープルズ)、Office Depot(オフィス・ディポ)、Office Max(オフィス・マックス)の三大スーパーストアが台頭し、業界の構図を大きく変えました。スーパーストアは倉庫型の巨大店舗の形態をとり中間業者をバイパスして製造業者から直接商品を仕入れることによって、独立系文具店が当時提供していた価格の40〜50%という破格商品を販売することを可能にしました。この“価格破壊”に打撃を受け、当時2〜3万軒あった“町の文具屋さん”は根こそぎ淘汰され約10年間で10分の1の3,000軒程度に激減してしまったのです。また、独立系文具店を主な顧客としていたホールセーラーも80年中頃に500社ほどあったものが、淘汰に次ぐ淘汰の果てに今日ではUnited StationersとS.P. Richardsの2社を残すのみとなっています。

アメリカのオフィスサプライ業界 現在、Staples、Office Depot、OfficeMaxの三大スーパーストアはSOHOから大企業まで幅広い層を顧客とし、北米売上は三社合計で3兆円、店舗数も北米のみで3,000店舗を超えます。オフィス・サプライ業界は、少なくとも小売市場においては三大スーパーストアに掌握されるかたちになっています。しかし、最近ではWal-Mart(ウォルマート)、Target(ターゲット)などのバリュー・リテーラーや、FedEx Kinko’s(フェデェックス・キンコズ)などの異種業者がオフィス・サプライの販売に本腰を入れ、三大スーパーストアに攻勢をかけてきているという現状もあり、スーパーストアの登場から20年がたった今、アメリカのオフィス・サプライ業界は新たな変革を遂げようとしています。

同様な変化が日本においても起こり始めているのは周知の事実です。先日の日経の記事は、1979年に2万6,000軒あった日本国内の独立系文具店は2002年には1万軒まで減少したと報じています。こうした日本のオフィス・サプライ業界の状況を見てみると、アメリカの業界変遷の経緯と非常に良く似ていることがわかります。おもしろいことに、アメリカのオフィス・サプライ業界はスーパーストアの台頭を引き金として大きく変革したわけですが、スーパーストアという業態をつくりあげた人たちはいずれもオフィス・サプライ業界の出身者ではなく、当時、オフィス・サプライ業界よりずっと進んでいた食品業界やホームファッション業界の人たちでした。彼らが各々の業界の成功要因をオフィス・サプライ業界に移植し、成功を収めたというのは皮肉なことです。こういったアメリカの業界変遷や革新的なアメリカのビジネス・モデルやプロセスから学ぶことはこれからの日本の流通を読み解く上で重要な鍵となっていくと思います。


関連ブログはこちらです。
『返品無用?アメリカのオフィス・サプライ事情』


© 2007 UsBizDirect,Inc All Rights Reserved.
ここに収録したすべてのコンテンツの著作権は原則としてUsBizDirect,Incに帰属しています。当ウェブサイトに掲載されている記事の転載、転用、引用、部分転載をご希望の方は、事前にコチラまでご連絡下さい。




  #26:「びっくり」を提供するスーパー:わが愛しのトレーダー・ジョー
  #25: 新しいギフトのスタイル、「キャンディー・ブーケ」
  #24: ワイン・コルクのリサイクルプログラム
  #23: ガソリンスタンドが展開する「インストア・マーケティング」
  #22: 常夏のカリフォルニアで日焼けサロンビジネスを展開
  #21: 「ライフ・エンハンスメント(人生の充実)」を提供する−ヘルス・リゾート・ビジネス
  #20: パーティ関連ビジネスがさかんなアメリカ!
  #19: 急成長を遂げるアメリカのプロダクト・プレースメント市場
  #18: 巨大市場!アメリカのスポーツ・ライセンシング業界
  #17: アメリカの子供教育ビジネス
  #16: 靴のオンライン販売市場
  #15: 変わりゆくアメリカのショッピング・モール
  #14: 次々と業界参入が相次ぐペット関連市場
  #13: 目指せ!健康ライフスタイル、オーガニックリテール市場の今
  #12: 活発化するアメリカのインク・リフィル市場
  #11: 出会いはオンライン!米国マッチング・サービス市場
  #10: 盛り上がりをみせる“マラソンビジネス”
  #9: 群雄割拠!アメリカのITサービス市場
  #8: 激化するアメリカのコピー/プリンティング市場
  #7: アメリカ医療最前線「増大するインストア・クリニック」
  #6: 米国インストア・マーケティング戦略
  #5: アメリカ型フランチャイズ・ビジネス
  #4: 独創性溢れるアメリカのプロモーション業界
  #3: 新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界
  #2: 急拡大するアメリカのギフト・カード市場
  #1: アメリカのクリスマス商戦 2006

  番外編: 今すぐ使える!アメリカのビジネスキーワード

トップ : 会社案内 : サービスのご紹介 : コラボレーション : コラム : スタッフブログ : お問合せ
© 2008 UsBizDirect, Inc All Rights Reserved.