USBizDirect
サイトマップ

トップ 会社概要 サービスのご紹介 コラボレーション コラム ブログ お問合せ


 フィールド調査
 フィールド調達
 フィールド視察
 フィールドオフィス
 フィールドインタビュー
 その他のサービス



BLOG U.S.Bizダイレクトスタッフブログ 行け行けLAビジネスウォッチャーズ
アメリカビジネスの最前線ブログ。最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!


japanizmo Staff Blog Japanese Trends, Culture, etc
「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」の英語版!アメリカ人スタッフが書く、日本の文化や風習、トレンドで気になる事を綴っています。アメリカ人の目から見たJAPANが見えてきます!



COLUMN U.S.Bizダイレクト ビジネス・コラム
3分半でわかる アメリカン・ビジネス
たったの3分半で、アメリカの今話題の業界や市場がわかってしまうビジネス・コラムです。

モノが語るアメリカのライフスタイル
アメリカっぽいモノの視点からアメリカのライフスタイルを覗いてみよう!

体当たりdeアメリカ
アメリカで体を張って、いろいろなことにチャレンジした体験記です!



石塚しのぶ書籍連動サイトザッポスの奇跡

石塚しのぶ書籍連動サイト売れる仕組みに革命が起きる






































  トップ > コラム > 3分半でわかる!アメリカン・ビジネス
3分半でわかる!アメリカン・ビジネス

#19: 急成長を遂げるアメリカのプロダクト・プレースメント市場 (2008.01.15)

数年前から、プロダクト・プレースメントという広告手法が注目されてきています。プロダクト・プレースメントは、映画やテレビなどに商品またはブランドを登場させるマーケティング手法で、通常のTVコマーシャルなどに比べ消費者への訴求力が高いプロモーションとして、最近では、映画やテレビだけでなく、ビデオ・ゲームやまんがなどのメディアでも数多く見られるようになりました。米国におけるプロダクト・プレースメントの2007年度の予測支出は、37.9 億ドルと、2001年以来、年間平均30%以上も上昇しています。

shoes現在、プロダクト・プレースメントの多くは、映画、TVで利用されています。1993年のトム・クルーズ主演の映画「The Firm(ザ・ファーム 法律事務所)」に登場したジャマイカ・ビール「Red Strip(レッド・ストライプ)」が映画封切後1ヶ月以内に50%以上も売上を伸ばすなど、その効果が証明されるにつれ、多くの番組でプロダクト・プレースメントが見られるようになりました。2004年から2005年のシーズンには、主要テレビ局で、なんと約10万件のプロダクト・プレースメントが行なわれたそうです。例えば、アメリカの人気テレビ番組「The Office(ザ・オフィス)」では、オフィス・サプライ小売業大手のStaples(ステープルズ)が番組とプロダクト・プレースメント契約を結び、ステープルズ・ブランドのシュレッダーやCDなどを番組内に登場させています。ハリウッド・ビジネスだけでなく、オンライン・ビジネスでも話題のプロダクト・プレースメント。プロダクト・プレースメント市場に関する企業視察、企業リサーチはユーエスビズダイレクトの調査サービスで解決!詳細はコチラまた、TV、映画だけでなく、カタログでもプロダクト・プレースメントが行なわれています。例えば、大手家具リテーラーのIKEA(イケア)は、実際にコンピューターを販売しているわけではありませんが、HP(ヒューレット・パッカード)とプロダクト・プレースメント契約を結び、2003年からカタログ・イメージに使われるコンピューターはすべてHPを使用しています。

プロダクト・プレースメントの中でも、最近特に注目を集めているメディアとして、ゲームがあげられます。2006年のゲーム内広告支出は77億円。2011 年には、971億円に達する予測で、なんと向こう5年間で10倍を超える成長が見込まれるということになります。急成長に伴い業界の動きも活発になっており、2006年には、Microsoft(マイクロソフト)がゲーム内広告エージェント大手のMassive(マッシブ)を買収しました。マッシブはゲーム内広告の草分け的存在で、40のゲーム製作会社と契約し、スポーツ、アクション・ゲームなど100以上のゲームへの広告導入を手がけてきています。この買収により、マイクロソフトはXbox内でのゲーム内広告の提供を本格展開していくことが予想されます。また、Google (グーグル)も、ゲーム内広告のAdScape Media (アドスケープ・メディア)を買収し、2007年秋から試験的にゲーム内広告を始めています。そして先日、Sony(ソニー)もゲーム内広告を専門に扱う部門の設立を発表。メディア・レーティング会社のニールセンと提携し、ゲーム内広告成果測定のシステム開発を行なう予定です。

メディア広告はターゲット顧客にリーチする、ブランド認知度を高めるという意味でもとても重要なマーケティング方法です。デジタル録音機器などの発達によってコマーシャルをとばしてみることが可能になるなど、顧客はプロアクティブに好きな情報を拾うことが出来るようになり、魅力的なコンテンツ以外は排除する傾向にあります。つまり、テレビの30秒広告に魅力を感じなければ、それを見る人が少なくなるのが事実であり、実際そのような傾向にあります。こういった状況もあり、企業は顧客が魅力的だと感じる方法で、ブランド認知度やアフィニティを高める努力をしています。プロダクト・プレースメント市場の拡大は、そんな時代の流れをまざまざと反映しています。



© 2007 UsBizDirect,Inc All Rights Reserved.
ここに収録したすべてのコンテンツの著作権は原則としてUsBizDirect,Incに帰属しています。当ウェブサイトに掲載されている記事の転載、転用、引用、部分転載をご希望の方は、事前にコチラまでご連絡下さい。




  #26:「びっくり」を提供するスーパー:わが愛しのトレーダー・ジョー
  #25: 新しいギフトのスタイル、「キャンディー・ブーケ」
  #24: ワイン・コルクのリサイクルプログラム
  #23: ガソリンスタンドが展開する「インストア・マーケティング」
  #22: 常夏のカリフォルニアで日焼けサロンビジネスを展開
  #21: 「ライフ・エンハンスメント(人生の充実)」を提供する−ヘルス・リゾート・ビジネス
  #20: パーティ関連ビジネスがさかんなアメリカ!
  #19: 急成長を遂げるアメリカのプロダクト・プレースメント市場
  #18: 巨大市場!アメリカのスポーツ・ライセンシング業界
  #17: アメリカの子供教育ビジネス
  #16: 靴のオンライン販売市場
  #15: 変わりゆくアメリカのショッピング・モール
  #14: 次々と業界参入が相次ぐペット関連市場
  #13: 目指せ!健康ライフスタイル、オーガニックリテール市場の今
  #12: 活発化するアメリカのインク・リフィル市場
  #11: 出会いはオンライン!米国マッチング・サービス市場
  #10: 盛り上がりをみせる“マラソンビジネス”
  #9: 群雄割拠!アメリカのITサービス市場
  #8: 激化するアメリカのコピー/プリンティング市場
  #7: アメリカ医療最前線「増大するインストア・クリニック」
  #6: 米国インストア・マーケティング戦略
  #5: アメリカ型フランチャイズ・ビジネス
  #4: 独創性溢れるアメリカのプロモーション業界
  #3: 新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界
  #2: 急拡大するアメリカのギフト・カード市場
  #1: アメリカのクリスマス商戦 2006

  番外編: 今すぐ使える!アメリカのビジネスキーワード

トップ : 会社案内 : サービスのご紹介 : コラボレーション : コラム : スタッフブログ : お問合せ
© 2008 UsBizDirect, Inc All Rights Reserved.