USBizDirect
サイトマップ

トップ 会社概要 サービスのご紹介 コラボレーション コラム ブログ お問合せ


 フィールド調査
 フィールド調達
 フィールド視察
 フィールドオフィス
 フィールドインタビュー
 その他のサービス



BLOG U.S.Bizダイレクトスタッフブログ 行け行けLAビジネスウォッチャーズ
アメリカビジネスの最前線ブログ。最新ビジネストレンドやエキサイティングなアメリカン・ライフスタイルに関する話題が満載!


japanizmo Staff Blog Japanese Trends, Culture, etc
「行け行け!LAビジネスウォッチャーズ」の英語版!アメリカ人スタッフが書く、日本の文化や風習、トレンドで気になる事を綴っています。アメリカ人の目から見たJAPANが見えてきます!



COLUMN U.S.Bizダイレクト ビジネス・コラム
3分半でわかる アメリカン・ビジネス
たったの3分半で、アメリカの今話題の業界や市場がわかってしまうビジネス・コラムです。

モノが語るアメリカのライフスタイル
アメリカっぽいモノの視点からアメリカのライフスタイルを覗いてみよう!

体当たりdeアメリカ
アメリカで体を張って、いろいろなことにチャレンジした体験記です!



石塚しのぶ書籍連動サイトザッポスの奇跡

石塚しのぶ書籍連動サイト売れる仕組みに革命が起きる






































  トップ > コラム > 3分半でわかる!アメリカン・ビジネス
3分半でわかる!アメリカン・ビジネス

#17: アメリカの子供教育ビジネス (2007.10.08)

shoes アメリカには日本のような受験制度というのが基本的に存在しないため、放課後、子供が受験に向け必死に塾に通うという姿をほとんど見ませんし、親が子供にスパルタで何か習い事をさせるというのも日本ほど多くありません。しかし、近年アメリカでも、放課後に何か習い事をしている子供が増えてきており、それにともない、民間の教育ビジネスに対する需要が高まり、こういったビジネスがクローズアップされてきています。

民間教育ビジネスへのニーズが高まっている大きな理由としては、2002年に可決された米国の教育法「No Child Left Behind(NCLB: 落ちこぼれ防止法)」の影響があげられます。アメリカの子供教育施設の現場や雰囲気を視察したい。
効率よくたくさんの子供教育施設を視察したい・視察は効率よくがモットー!ユーエスビズダイレクトの「フィールド視察」サービスでは、貴社の視察の最適化を実現させます。アメリカ視察のことならコチラまで
この法律により、3年生から8年生までは、数学と英語の試験を毎年受けなければならなくなり、3年続けて十分な進歩が見られない学校は、放課後に通常の授業とは別に課外授業を提供しなければならなくなりました。課外授業は学校自ら授業を提供する場合もありますが、実際は、予算などの面で提供できない場合も多く、民間の教育プロバイダー(チュータリング・サービス)を雇う学校が増えてきています。また、NCLBの結果、学校現場における英語や算数の授業が強化され、その他の教科である音楽、美術、体育などの教育予算が削減されるようになりました。そのため、これらの教科のフルタイム教師を雇用する余裕のない学校は、授業を代行してくれる業者をアウトソースし始めました。こういったことから、民間の教育プロバイダーへのニーズが年々高まってきているのです。

また、アメリカでは共働き家庭の主流化により、アフター・スクール・プログラムに対するニーズが増加しています。統計によると、現在米国における80%の親は共働きで、何らかの託児プログラムを利用しているといいます。これに加え、アメリカでは、子供を1人で家においておくことは出来ないという法律があり、共働きの多いアメリカの家庭では、子供に何かしらの習い事をさせていることが多いのです。

子供教育ビジネスの中でも、チュータリング・ビジネスに関して言えば、その市場規模は、80億ドル(8,000億円)。その中でも、チュータリング大手のKaplan(カプラン)は、2006年の売上は16億8,400万ドル(1,684億円)で、過去10年間の年間平均成長率が、35.5%と驚異的な成長を見せています。Sylvan Learning(シルバン・ラーニング)やPlatform Learning(プラットフォーム・ラーニング)、Kumon(公文)なども同様にものすごい勢いで成長しています。Kumonは1974年にアメリカに進出し、現在アメリカだけで13万の生徒数を超える、日本が世界に誇るチュータリング・ビジネスとなっています。

米国における18歳以下の子供人口は7,370万人(2006年)で、全人口の約25%を占めています。この数値は毎年増え続けており、2030年には8,570万人に達することが予想されています。このような状況も相まって、子供向け教育ビジネスは今後も新たな展開がいろいろと期待できる業界であるといえます。

関連ブログはこちらです。
『タイガー・ウッズ・ラーニングセンター』



© 2007 UsBizDirect,Inc All Rights Reserved.
ここに収録したすべてのコンテンツの著作権は原則としてUsBizDirect,Incに帰属しています。当ウェブサイトに掲載されている記事の転載、転用、引用、部分転載をご希望の方は、事前にコチラまでご連絡下さい。




  #26:「びっくり」を提供するスーパー:わが愛しのトレーダー・ジョー
  #25: 新しいギフトのスタイル、「キャンディー・ブーケ」
  #24: ワイン・コルクのリサイクルプログラム
  #23: ガソリンスタンドが展開する「インストア・マーケティング」
  #22: 常夏のカリフォルニアで日焼けサロンビジネスを展開
  #21: 「ライフ・エンハンスメント(人生の充実)」を提供する−ヘルス・リゾート・ビジネス
  #20: パーティ関連ビジネスがさかんなアメリカ!
  #19: 急成長を遂げるアメリカのプロダクト・プレースメント市場
  #18: 巨大市場!アメリカのスポーツ・ライセンシング業界
  #17: アメリカの子供教育ビジネス
  #16: 靴のオンライン販売市場
  #15: 変わりゆくアメリカのショッピング・モール
  #14: 次々と業界参入が相次ぐペット関連市場
  #13: 目指せ!健康ライフスタイル、オーガニックリテール市場の今
  #12: 活発化するアメリカのインク・リフィル市場
  #11: 出会いはオンライン!米国マッチング・サービス市場
  #10: 盛り上がりをみせる“マラソンビジネス”
  #9: 群雄割拠!アメリカのITサービス市場
  #8: 激化するアメリカのコピー/プリンティング市場
  #7: アメリカ医療最前線「増大するインストア・クリニック」
  #6: 米国インストア・マーケティング戦略
  #5: アメリカ型フランチャイズ・ビジネス
  #4: 独創性溢れるアメリカのプロモーション業界
  #3: 新たな変革を遂げるアメリカのオフィス・サプライ業界
  #2: 急拡大するアメリカのギフト・カード市場
  #1: アメリカのクリスマス商戦 2006

  番外編: 今すぐ使える!アメリカのビジネスキーワード

トップ : 会社案内 : サービスのご紹介 : コラボレーション : コラム : スタッフブログ : お問合せ
© 2008 UsBizDirect, Inc All Rights Reserved.